便秘解消方法ならe-便秘

便秘解消方法や腸内環境を整える方法を紹介します。

*

便秘を即効で解消する方法、実は乳酸菌が効果的です

便秘は腸内に悪玉菌が増えすぎている状態なので善玉菌である乳酸菌を摂取して腸内環境を整える必要があります。

腸内環境が整ってくると便秘は自然と改善され毎日朝から健康的な便を出すことができるようになります。

では乳酸菌を増やす方法に入る前に、便秘を即効で解消したい人に知っておいてもらいたいことがあります。

それは便秘薬の使い方についてです。

便秘薬や下剤で一時的に便秘を解消するのは気をつけて

便秘を即効で解消するために便秘薬を使ってしまう方がいますが体にはよくないので注意が必要です。便秘薬は確かに簡単に便が出ますがこれは薬の力で強制的に排便しているので、腸内環境が改善したわけではありません。

とはいっても便秘による腹痛でどうしても今すぐ出したいという時には使っておくべきです。

便秘の時には腸内に悪玉菌がいっぱい

便秘の時には悪玉菌が増えている

そもそも便秘というのは腸内に悪玉菌がかなり増えてしまって腸の働きが低下している状態です。悪玉菌は名前の通り人間にとって悪い働きをする菌、便秘の状態が続くほどに悪玉菌は増えていくのでできるだけ早期に便秘を改善していくことが大切です。

便秘薬で便を出しても悪玉菌は残ったまま

便秘薬を使用する人がよく勘違いしているのが「腸内環境も改善できる」と思っていることです。実は便秘薬で便を出しても依然として悪玉菌は残ったままでその後も便秘が再発します。

便秘薬の依存に注意

便秘薬はなかなか出ない便を出すのに役立ちますが使い始めると依存してしまう傾向にあります。便秘薬は腸の動きを無理やり活性化させて便通を促すのですが薬を使うほどに腸がもつ本来の動きはどんどん悪くなります。なので便秘薬を使わないと便を出せない体質になっていってしまうこともあります。

便秘を執行で解消するために便秘薬を使用していたのに今度はそれがないと便を出せなくなるなんて嫌ですよね。

乳酸菌を増やして腸内環境を改善しましょう

乳酸菌を増やして腸内環境改善

便秘薬は薬なので、できたらもっと自然なやり方で便秘を解消するのが体にはいいんです。そういった意味で乳酸菌を摂取することをおすすめしているんです。乳酸菌はとても腸にやさしい善玉菌なので副作用の心配なく便秘を改善していくことができます。

乳酸菌は腸内の働きを健康に保つために不可欠

もともと人の腸内には善玉菌と悪玉菌がバランスよく存在しているので腸内環境は健全に保たれています。悪玉菌ってない方がいいんじゃないの?と思われるかもしれませんがある程度存在していたほうが実はいい働きをしてくれるんです。悪玉菌が問題になるのは便秘の時に悪玉菌が増えすぎて乳酸菌が減ってしまっている時、だからバランスを取り戻すために乳酸菌を増やす取り組みが不可欠になります。

便秘で悩んでいる方は乳酸菌をヨーグルトよりもサプリで摂取

乳酸菌を食べ物で摂取するとなるとやっぱりヨーグルトが真っ先に思い浮かびますよね。ただし乳酸菌は熱に弱いので腸にたどり着くまでに大部分がやられてしまいます。といっても少しは腸までたどり着いて地道に腸内環境を整えてくれるので大丈夫です。

ですが慢性的な便秘にいつも悩まされている人はヨーグルトに含まれる乳酸菌だけでは量が足りないので「即効で便秘解消」というのはすこし難しいかもしれません。

そこでおすすめしたいの乳酸菌をサプリで摂取することです。

乳酸菌サプリのすごさについて

なんで乳酸菌をサプリで摂取するといいの?と思われるかもしれません。実はサプリは熱に強いので乳酸菌が熱でやられることなくたくさんの量を腸まで届けてくれるのです。

>>乳酸菌サプリの詳細

公開日: